太陽光発電,風力発電,バイオマス発電,マイクロコージェネレーション, 環境事業のコンサル、販売・製造はエコステージにお任せ下さい。

太陽光発電の種類

太陽光発電システムの種類

環境意識や電気代節約などを背景に、公共・産業施設や企業などでも太陽光発電システムが普及しています。ソーラーパネルを導入することで、地球環境貢献や地域貢献、防災対策や教育効果など、施設や企業に対するイメージアップの効果もあります。太陽光発電システムには3つの種類があります。こちらでは、その種類についてご紹介していきます。

系統連系型太陽光発電システム
発電した電力を電力会社とやりとりして売買するためのシステムです。昼間は太陽光発電で発電した電力を使用します。雨や曇り、夜間などで発電量が少なく満たない場合は、これまで通り電力会社から電気を購入することが出来ます。
反対に、発電量が多く消費量を上回る場合は、余った電気を電力会社に売ることが可能です。系統連系型太陽光発電システムは最も一般的なシステムで、事業所ビルや工場、倉庫などで用いられています。

独立型太陽光発電システム
電力会社の電力を使用しないシステムで、発電した電力を一度蓄電池に蓄えることが出来ます。日中は太陽電池で発電した電気を蓄電池に貯めておき、電力はその施設で使ったり、必要な時は供給したりすることが出来ます。
交流電流に変換するインバータを設置する場合と、直流ポンプ(ソーラーポンプ)につなぐ場合があります。独立型太陽光発電システムは、街路樹や道路標識、時計や無線機などに用いられています。

防災型太陽光発電システム
蓄電池に電気を貯めておき、災害時などで停電した場合に常用の電力として利用することが出来ます。防災型太陽光発電システムは、太陽光エネルギーと電力会社からの電力を組み合わせて使用します。病院や学校、体育館などで用いられています。

千葉や埼玉、東京などの関東方面において、太陽光発電販売業者をお探しでしたら、私たち(株)エコステージにご依頼下さい。お客様の条件に合った太陽光発電製造プランをお作りいたします。埼玉、千葉、東京、茨城、栃木などでの設置に関しては、私たち(株)エコステージをご利用下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional