太陽光発電,風力発電,バイオマス発電,マイクロコージェネレーション, 環境事業のコンサル、販売・製造はエコステージにお任せ下さい。

太陽光発電システム導入前に計画すること

太陽光発電システム導入前に計画すること

太陽光発電システムには多くのメリットがありますが、導入前には理由や目的などを確認しておくことが大切です。目的を明確にした後、太陽光発電業者に設計・設置を依頼していきます。こちらでは施設や企業様向けに、導入前に計画することをご紹介していきます。

導入する目的を明確にする
導入を検討する上でまずは目的を明確にしておきましょう。太陽光発電システムは光熱費削減や減税、土地の有効活用や売電収入といったメリットがあります。また、地球温暖化防止に貢献していることや、子供たちの環境へのマインド効果があるとしてイメージアップにもつながります。
導入目的を明確にすることで重要視すべき項目も決まり、計画をスムーズに進めやすくなります。明確にした後、ソーラーパネル業者によってソーラーパネル設計プランが練られていきます。
最適な発電計画や目的に合わせた事業計画を立てた後、太陽光発電の設置方法を計画していきます。

設置場所・スペース
まず、太陽エネルギーを十分に確保出来るかといった気象条件や周辺条件を確認する必要があります。受光を遮る障害物や積雪、塩害などは売電による事業収益にも関わってきます。ソーラーパネルは窓や壁、地上などの屋根以外にも設置出来ますが、その場合は屋根の勾配なども調べます。建物の築年数も重要です。

関係機関への届出
太陽光発電システムは、設置工事とともに電力会社や所轄官庁への届出も行います。電力会社には系統連係の協議や申し込み、電力受給契約などを行います。所轄官庁への届出は産業用太陽光発電の場合、所轄宮庁によって対応が異なります。エネルギー出力規模や系統連携区分によっては、経済産業省への届出が必要なこともあり専任申請が必要になる場合もあります。

資金調達
産業用太陽光発電は、一般住宅用に比べてシステム単価は安くなりますが、規模が大きいので総額は高額になります。そのため、資金調達は最もハードルが高くなります。用意出来る自己資金額と金融機関から融資出来る金額を調べ、発電量と売電収入を見込んだ上での適切なシステムプランを決定します。

千葉や埼玉、東京などの関東方面において、太陽光発電販売業者をお探しでしたら、私たち(株)エコステージにご依頼下さい。お客様の条件に合った太陽光発電製造プランをお作りいたします。埼玉、千葉、東京、茨城、栃木などでの設置に関しては、私たち(株)エコステージをご利用下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional