太陽光発電,風力発電,バイオマス発電,マイクロコージェネレーション, 環境事業のコンサル、販売・製造はエコステージにお任せ下さい。

風力発電を導入するメリット

風力発電を導入するメリット

風力発電を導入するメリット
現代では、エネルギーの安定供給や地球温暖化対策、新規産業や雇用創出として、「新エネルギー」の導入が必要とされています。新エネルギーには、太陽光発電風力発電、電気エネルギーや廃棄物発電など14の種類があります。その中でも、風力発電は欧州やアメリカを中心に普及しており、日本でも導入が期待されています。

発電コストが比較的低い
既存の発電方式は原子力の場合だと1kWhあたり5.9円、石炭火力6.2円、石油火力10.2円、水力13.6円です。新エネルギーの場合、住宅用太陽光発電は1kWhあたり47円、バイオマス発電は40~160円となっていますが、風力発電は1kWhあたり9~12円です。
既存の発電方式と見比べと高くなりますが、新エネルギーの中では風量発電のコストが最も安くなっています。太陽光発電と比較した場合、同じ価格でも4倍のエネルギーを作ることが出来ます。そのため、近年は電気事業者だけでなく、それ以外の事業者も商業目的での参入を進めています。

変換効率が高い
風車の高さやブレード(羽根)によって異なりますが、風車は風で得た力を最大45%のエネルギーの変換することが可能です。変換効率が高いということは、少ないロスで自然エネルギーを生活に役立てることが出来ます。また、風力発電は昼夜問わず発電が可能なことから、最近は小型風力発電を夜間照明の電源として、街路や公園などで利用するケースが増えています。

環境意識の啓発や町のシンボルになる
風を受けてくるくると回る大きな風車は印象に残りやすく、町のシンボルとして地域活性化、町おこしでも活用されています。新たな観光資源として風車を活用する自治体も増えており、大型の風力発電が導入されています。町の環境保全のシンボルとしての役目も担い、地域住民の環境意識の啓発につながります。

千葉や埼玉、東京などの関東方面において、太陽光発電販売業者をお探しでしたら、私たち(株)エコステージにご依頼下さい。お客様の条件に合った太陽光発電製造プランをお作りいたします。埼玉、千葉、東京、茨城、栃木などでの設置に関しては、私たち(株)エコステージをご利用下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional